2019 10.09GICプロセス材料技術部会
名古屋工業大学 早川研究室&大幸研究室との交流会への参加募集とご案内(終了)
11/19(火)に名古屋工業大学との交流会を添付のスケジュールで開催し、研究室のご紹
介、ご講演を頂きます。関心をお持ちの皆様のご参加をお願い致します。

産学交流の一環として、GICプロセス・材料技術部会はガラス関連の研究室との技術交流
を定期的に行っています。今年度の2回目の交流会を以下の要領にて開催いたします。こ
の交流会はGIC加盟団体の会員企業の皆様に公開していますので、ぜひ参加をご検討下さ
い。

・日時:    11月19日(火) 13:00-18:15
・場所:    名古屋工業大学 大学院 
        生命・応用化学専攻(環境セラミックス分野)
        (名古屋市昭和区 御器所町)   
・交流会構成: (1)講演会(セントラル硝子株式会社 高松様)         
        (2)研究室紹介/見学
        (早川研究室、大幸研究室のご紹介、ご講演と見学)
        (3)懇親会
・参加申込み: 11月8日(金)までに部会事務局・種田まで。
2019 8.20ガラス産業連合会 環境広報部会
2019「青少年のための科学の祭典」東京大会in小金井 ブース出展のお知らせ(終了)
 ガラス産業連合会は9月22日(日)に東京学芸大学で開催される「青少年のための科学
の祭典」に、「ガラス大発見!あなたの知らないガラス集合」というタイトルで出展いた
します。4回目となります今回も、ガラスの面白さを実際に体感していただくことを目的
として、様々なガラス製品を展示いたします。
 
 「青少年のための科学の祭典」は教職員や児童・生徒と父兄、また、大学や専門機関の
研究者、そして多くの市民団体等の様々な方々が一堂に会し、科学への興味を喚起する大
変に意義深いイベントです。
 今回はこれまでの「曲がるガラス」「映像が映るガラス」「ふわふわのガラス、布のガ
ラス」「軽くなったガラスびん」等のラインナップに、「見えないガラス」等を追加し、
科学的に興味深いガラスを多数展示いたします。見てさわって、比べて、ガラスの面白さ
を実験感覚で体験することができる展示となっております。これまで3回の出展とも、終
了時間までお子様やご家族連れの列が途切れることなく、大変ご好評いただきました。
 意外に知られていないガラスの不思議な魅力をたくさんの皆様に発信する、よい機会と
なれば幸いです。皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 
日 時 : 9 月 22 日(日)
      9:30 開会式
      10:00 開場
      16:30 終了
会 場 : 東京学芸大学 東京都小金井市貫井北町4−1−1
対 象 : 幼児・小学生・中学生・高校生・一般
ブース : ブース番号:76  
2019 8.20(一社)ニューガラスフォーラム
ガラスの基礎、応用講座「2019年度ニューガラス大学院」開催のご案内(終了)
 本年度も10月に(一社)ニューガラスフォーラムでは、表記の講座を開催します。
 例年、本講座には、ガラスの製造、開発などに携わることになった新卒、および経験2
〜3年の研究者・技術者の方々から経験10年以上の方々まで、幅広い分野の、ガラスに関
心をお持ちの皆様が参加され好評を頂いています。従来から、社内研修や人材育成の一環
としてもご活用頂いておりますが、近年は各社の事業展開を背景として中堅の方々や、ユ
ーザーの方々にもご利用頂いております。

 昨年、大変多くの方々に参加いただきご好評を得た講義構成で、本年も、基礎は材料科
学の視点からガラスの諸物性について実例を交えた分かり易い内容とし、応用はガラスの
製造フローに沿って各製造技術を取り上げた講座になっております。
 各分野の一流の先生方のご協力を頂き、より充実した講座として以下の通り開催いたし
ます。昨年スタートした特別講座は、本年は「ガラス溶解のシミュレーション技術」とし
て時間を延長し、応用講義に組み込みました。また今年も5名の新しい講師をお招きし、
昨年とは違った視点からの講義をご期待いただけます。
 両講座のプログラムの内容をご確認の上、ご活用を検討願います。申し込み後の代理受
講も可能であり、多くの皆様のご利用、ご参加をお待ちしています。

主 催: (一社)ニューガラスフォーラム
協 賛:  日本化学会、応用物理学会、日本セラミックス協会、
      電子情報通信学会、GIC(ガラス産業連合会) 
会 期:  基礎課程:2019年10月10日(木)・11日(金)
応用課程: 2019年10月24日(木)・25日(金)
会 場:  アーバンネット神田カンファレンス (JR 神田駅・西口より徒歩1分)
定 員:  80名 (先着順)
申込み期限:2019年9月27日(金)、(応用のみ受講の場合は10月11日(金))
申込み先:(一社)ニューガラスフォーラム・企画部 種田まで

受講費(テキスト、消費税込): 
               当フォーラム会員(法人)
               及び協賛団体会員    /一般(左記以外) /学生
・4日間受講(基礎及び応用)    50,000円       80,000円       10,000円
・2日間受講(基礎或いは応用)   30,000円       45,000円      6,000円
2019 8.5GICプロセス技術材料部会
第15回ガラス技術シンポジウムのご案内(終了)
ガラス産業連合会(GIC)は、第15回ガラス技術シンポジウムを大阪府立大学で開催しま
す。本年度もセラミック協会ガラス部会主催の「ガラスおよびフォトニクス材料討論会(
ガラス討論会)」との共催プログラムとし、12月4日(水)、5日(木)に講演会とポスターセ
ッションを行います。
概要を以下のように計画し、準備を進めています。添付にてご案内させて頂きますので、
本シンポジウムへの参加と、ポスターセッションへの応募をぜひご検討下さるようお願い
いたします。 
    
 <GIC招待講演、ポスターセッション>
   ・日時:12月4日(水) 13:00〜 
   ・場所:大阪府立大学 I-siteなんば(大阪府大阪市)
   ・GIC招待講演:「ガラス溶融の熱マネジメント」をテーマに産官学から
    4講師をお招きしご講演いただきます。
      1.大阪大学大学院工学研究科 赤松史光教授 
      2.産業技術総合研究所 小原春彦様
      3.AGCセラミックス(株)小野泰史様
      4.日鉄エンジニアリング(株)高田 寛様、富岡 修一様  
   ・ポスターセッション:ガラス関連の技術、製品の紹介
    (ショートプレゼンはありません)
   ・懇親会:(18:00〜) 
  
  *ポスター発表への応募(申込)は 10月4日まで
         (発表要旨原稿)は 10月25日まで
  *シンポジウム等への参加の事前登録は 11月8日まで

詳細、及び申込み等は、PDFにも記載の下記Webをご覧下さい。 

お問合せ等は、GICシンポWG事務局:NGF種田まで
2019 6.4GICプロセス材料技術部会
秋田大学 菅原研究室との交流会への参加募集とご案内(終了)
7/12(金)に秋田大学の菅原研究室との交流会を添付のスケジュールで開催し、研究室の
ご紹介、ご講演を頂きます。関心をお持ちの皆様のご参加をお願い致します。

産学交流の一環として、GICプロセス・材料技術部会はガラス関連の研究室との技術交流
を定期的に行っています。今年度の1回目の交流会を以下の要領にて開催いたします。こ
の交流会はGIC加盟団体の会員企業の皆様に公開していますので、ぜひ参加をご検討下さ
い。

・日時:    7月12日(金) 13:30-18:15
・場所:    秋田大学手形キャンパス
        理工学部 革新材料研究センター
・会場:    革新材料研究センター会議室
        (秋田市手形学園町1−1)   
・交流会構成: (1)講演会(日本電気硝子株式会社 村田様)         
        (2)研究室紹介/見学(菅原研究室のご紹介、ご講演と見学)
        (3)懇親会
・参加申込み: 7月2日(火)までに部会事務局・種田まで。