インタビュー
   TOP INTERVIEW #12
   GIC・硝子繊維協会フランシス・ショレー会長Vol.1 「自動車ガラスからガラス繊維へ」
 

GIC、そして硝子繊維協会のフランシス・ショレー会長に、アジアと欧州をステージとしたこれまでの経緯や思い、SDGsやパリ協定をめぐる課題や取り組み、また、ガラス繊維の環境優位性や、長年携われた自動車ガラスなどについてもお話をうかがいました。

インタビュアー: GIC環境広報部会主査 北岡正樹(日本板硝子)

収録:2018年11月27日

YouTubeで視聴する

 
         
  ○ INDEX   ○ プロフィール  
         
  01.
自動車ガラスから
ガラス繊維へ
  フランシス・ショレー  
      1991 EM Lyon経営大学院 卒業  
  02. SDGsとパリ協定への課題   1994 サンゴバン・セキュリット・フランス
(自動車ガラス事業部)
 
  03. 自動車産業とガラス   1997 サンゴバン・セキュリット・ジャパン(株)
代表取締役
 
  04. 日本と欧州の違い、
そして今後の課題
  2003 セントラル・サンゴバン(株)
代表取締役副社長
 
    (3月公開予定)   2004 サンゴバン・セキュリット・タイランド
社長
 
        2009 サンゴバン・セキュリット・上海
社長
 
        2015 マグ・イゾベール(株)代表取締役社長就任  
        2016 硝子繊維協会(GFA)会長就任  
   
  2018 ガラス産業連合会(GIC)会長就任  
             
             
        ○ 関連リンク  
           
      硝子繊維協会  
           
      マグ・イゾベール株式会社  
           
      ふわふわのガラス