電気硝子工業会

リサイクル・ロゴ電気ガラスのリサイクル

○概要

 2001年に施行された家電リサイクル法に基づき、ブラウン管ガラスのリサイクルに協力し、ガラス to ガラスのリサイクルを実現しました。昨今では、映像デバイスのFPDや携帯機器への急速な移行にともない、関係各団体とFPDガラスのリサイクル技術等の検討を開始しています。
 また、蛍光灯や電球のリサイクルでは、カレット利用率の向上に取り組んでいます。蛍光灯ガラスのカレットは再び蛍光灯ガラスの原料に利用される他、グラスウールやガラス食器等のガラス製品にリサイクルされています。

○データ

→ 電気硝子工業会サイト 環境への取り組み

○課題

 今後の排出が増大する液晶ディスプレイやプラズマ・ディスプレイ等のFPDガラスには、製造メーカーや年代によりさまざまな組成のガラスが使われています。高品質が要求される分野であり、ガラス to ガラスのリサイクルへのハードルが極めて高いのが現状です。

○蛍光灯のリサイクル・フロー

CLOSE