2015 7.15日本ガラスびん協会
『夏休み!ガラスびん×地サイダー&地ラムネin銭湯2015』毎週日曜日(8月末まで)、先着20組の家族に地サイダー・ラムネをプレゼント!
 日本ガラスびん協会(会長:山村幸治/東京都 新宿区)は、(一社)全国清涼飲料工
業会と都内の人気13銭湯の協力を得て、「夏休み!ガラスびん×地サイダー&地ラムネin
銭湯2015」を7月18日(土)〜9月6日(日)まで開催いたします。昨年、好評を博した同
企画は、今年は大幅にスケールアップし、都内の人気13銭湯が参加することになりました

 
●北は東北から南は九州まで。人気のガラスびん入りご当地の地サイダー&地ラムネ10種
が勢ぞろい!お風呂上がりに至福のひと時を提供!!
●各銭湯いち押しの場面を撮影した、オリジナルポスターも見どころ!!
●期間中の毎週日曜日(8月末まで)、先着20組の家族に地サイダー・ラムネを1本プレ
ゼント!!

夏休みに家族や友達とゆっくり銭湯で汗を流したら、お風呂あがりにガラスびん入り地サ
イダー・ラムネを飲んで爽快に!!ワイワイと家族や地域の皆様と交流する場を提供した
いと考えています。

<本件に関するお問合せ先>

日本ガラスびん協会
TEL:03-6279-2390  FAX:03-5389-5868
2015 7.10(一社)ニューガラスフォーラム
ガラスの基礎、応用講座「2015年度ニューガラス大学院」開催のご案内(終了)
 本年度も10月に(一社)ニューガラスフォーラムでは、表記の講座を開催します。1996
年から毎年秋に開催し、おかげさまで本年度は20回目となります。
  例年、本講座には、ガラスの製造、開発などに携わることになった新卒および経験2〜
3年の研究者・技術者の方々から経験10年以上の方々まで、幅広い分野の、ガラスに関心
をお持ちの皆様が参加され、好評を頂いています。従来から、社内研修や人材育成の一環
としてもご活用頂いておりますが、近年は各社の事業展開を背景として中堅の方々にもご
利用頂いております。
 本年度も各分野の一流の先生方のご協力を頂き、基礎、応用とも各2日間の講座を以下
のように開催いたします。また、本年度も応用課程に1日コースを設けています。近付い
てからの代理受講も可能であり、多くの皆様のご参加をお待ちしています。
 
 主 催:  (一社)ニューガラスフォーラム
 協 賛:  日本化学会、応用物理学会、日本セラミックス協会、電子情報通信学会、
       GIC(ガラス産業連合会) 
 会 期:  基礎課程/平成27年10月1日(木)・2日(金)
       応用課程/平成27年10月21日(水)・2日(木)
 会 場:  アーバンネット神田カンファレンス (JR 神田駅・西口より徒歩1分)
 定 員:  80名 (先着順)
 申込み期限:平成27年9月15日(火)、(応用のみ受講の場合は10月5日(月))
 申込み先: (一社)ニューガラスフォーラム・丸山まで
 
 受講費(テキスト、消費税込):

                当フォーラム会員(法人)
                及び協賛団体会員   /一般(左記以外)  /学生

 ・4日間受講(基礎及び応用)      50,000円    80,000円    10,000円
 
 ・2日間受講(基礎或いは応用)     30,000円    45,000円      6,000円
 
 ・1日間受講(応用のいずれか1日)      17,000円    25,000円      4,000円
 
2015 5.13GICプロセス・材料技術部会
長岡技術科学大学 小松・本間研究室との交流会への参加募集(終了)
 6/12(金)に長岡技術科学大学の小松・本間研究室との交流会を添付のスケジュールで
開催し、研究室をご紹介頂きます。関心をお持ちの皆さまのご参加をお願い致します。
 
・・・産学交流の一環として、GICプロセス・材料技術部会はガラス関連の研究室との技
術交流を定期的に行っています。今年度の1回目の交流会を以下の要領にて開催いたしま
す。この交流会はGIC加盟団体の会員企業の皆さまに公開していますので、ぜひ参加をご
検討下さい。
 
      ・日時:6月12日(金) 13:30〜18:30
      ・場所: 長岡技術科学大学 物質・材料経営情報棟−1号棟5階会議室
            (新潟県長岡市上富岡町1603-1)
      ・交流会構成: 講演会(岡本硝子(株) 高橋様)
              小松・本間研究室紹介/見学
              懇親会
       ・参加申込み:6月5日(金)までに部会事務局・丸山まで。
      (*詳細は添付案内)
2015 1.10ガラス産業連合会
「セラミックス&ガラス技術展」開催案内及び出展のご検討依頼(1)
 このたび、ガラス産業連合会(GIC)は下記団体と共催で2015年9月に「セラミックス&
ガラス技術展」を開催いたします。本展示会はこれまで「国際セラミックス総合展」とし
て隔年で開催され、GICは協賛として協力してまいりましたが、各産業の拡大や展開及び
新産業の創出における素材の重要性と役割が一層認識され、期待される中、ガラス及び関
連の技術や製品のポテンシャルを積極的にアピールしていく機会とするために、展示会の
名称も変え、共催として参加することになりました。

「セラミックス&ガラス技術展2015」
・テーマ:セラミックス&ガラスが切り拓く新しいセンシング・自動車応用
・会期:2015年9月16日(水)〜18日(金) 於・東京ビッグサイト
・主催:公益社団法人日本セラミックス協会
    一般財団法人ファインセラミックスセンター
    一般社団法人日本ファインセラミックス協会
    ガラス産業連合会
    フジサンケイ ビジネスアイ

 同時開催の展示会との合同企画「自動車技術ゾーン」も含めて、展示会の概要や出展の
ための案内等を下記のHPに掲出いたしましたのでお目通し頂き、出展のご検討等、ご協力
の程お願いいたします。
 また、機会がありましたら、お知り合いの会社等へのご紹介もお願いします。
 展示会準備の進捗や、関連セミナー情報等、適宜下記HPに掲載するとともに、会員会社
様にはメール等でもご案内していきますので、ご理解とご協力の程重ねてお願い申し上げ
ます。

 なお、本展示会についてご不明な点等ございましたら、以下の展示会事務局までお問合
せ願います。

<お問合せ先>
(株)シー・エヌ・ティ Tel:03-5297-8855 E-mail: info2015@cgt-expo.jp
2014 12.4(一社)日本硝子製品工業会
「江戸硝子」伝統的工芸品として指定される
 平成26年11月26日、東京都及び千葉県の「江戸硝子」が伝統的工芸品産業の振興に関す
る法律(伝産法)に定める伝統的工芸品に指定されました。
 江戸硝子は、明治初めに東京・品川の官営 工場(品川硝子製造所)において導入された
西洋式硝子製造技術により、東京を中心に産業として発展した工芸品です。