ガラス産業連合会とSDGs

ガラス産業連合会とSDGs

SDGsロゴ ガラス産業連合会の活動と関連するSDGsを紹介します。

1.ガラス産業連合会の組織

2.SDGs 17のゴールとガラス産業連合会の活動

1)SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年9月に開催された「国連サミット」で採択された国連加盟193カ国が2016年〜2030年の15年間で達成するために掲げた17の目標です。

2) ガラス産業連合会の活動に関連しているSDGs目標

Goal 3あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
Goal 4すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
Goal 7すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
Goal 9強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の 促進及びイノベーションの推進を図る
Goal 11包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
Goal 12持続可能な生産消費形態を確保する
Goal 13気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる

3.ガラス産業連合会の活動とSDGs

【環境広報部会】

活動内容Goal

・CO2削減の自主行動計画の策定と年間の削減実績(4団体の集計)を公表している。

・「青少年のための科学の祭典」に出展し、来場者にいろいろなガラスについて紹介している。

・エコガラス、断熱材を紹介し、省エネと快適な暮らしを提案している。

・軽量化びんを紹介し、輸送効率の向上による省エネルギー、排気ガス、CO2の排出量の削減に貢献している。

・ガラスびんの分別を紹介し、ガラスびんのリサイクルを推進する活動を実施している。

【環境技術部会】

活動内容Goal

・有害微量成分の分析方法を標準化したことにより、RoHS指令など製品含有化学物質規制への対応に貢献している。

・世界の化学物質規制(RoHS、REACH等)の動向を調査し、その情報を関係団体へ提供し、対応を支援している。

・環境に関する法規制(土壌汚染対策法、廃棄物処理法・リサイクル法・大防法・水濁法・省エネ法・温対法他)の情報を収集し、関係団体に提供している。

・「地球環境」をテーマにした講演会を毎年開催している。

【プロセス・材料技術部会】

活動内容Goal

・政策提言型活動(バッチ熔解プロセス、ガラス工場溶解炉の廃熱利用に関する調査)を行っている。

・大学・研究機関での技術交流会、ガラスシンポジウムを開催、作成した「ガラス研究者DIRECTORY」を毎年見直し、技術情報を共有化している。

・国際ガラス関連会議の日本における開催を支援・協力している。



pagetop