05_2017 島村琢哉会長

GIC・板硝子協会島村琢哉会長Vol.3
「ガラスが社会に貢献できること」

板硝子協会の島村琢哉会長に、板ガラスが環境や安全、IoTなど、社会に果たす役割を中心に、業界のグローバルな市場動向や今後の展望、パリ協定に向けての取り組み、また、ICG(国際ガラス会議)開催に向けての思いなどについてお話をうかがいました。4回に渡ってお届けいたします。

インタビュアー:GIC環境広報部会主査 北岡正樹(日本板硝子)
収録:2017年11月27日

YouTubeで視聴する

関連リンク
エコガラスについて(板硝子協会)
建物・自動車などの安全(板硝子協会)
「安全・安心ガラス設計施工指針 増補版」の手引き(板硝子協会)
防災安全合わせガラス(板硝子協会)
窓の生理的・心理的効果とその魅力(板硝子協会)
ガラス産業連合会温暖化対策について
板ガラス製造業の低炭素社会実行計画・フォローアップ結果報告(板硝子協会)

島村琢哉プロフィール

1980 慶應義塾大学経済学部卒業
旭硝子入社
2003 アサヒマスケミカル株式会社社長
2010 執行役員化学品カンパニープレジデント
2013 常務執行役員電子カンパニープレジデント
2015 取締役兼社長執行役員CEO
2017 板硝子協会会長就任
GIC会長就任

関連記事

TOP