青少年のための科学の祭典

青少年のための科学の祭典に出展し、ガラスの面白さを伝えています。

「青少年のための科学の祭典」は教職員や児童・生徒と父兄、また、大学や専門機関の研究者、そして多くの市民団体等の様々な方々が一堂に会し、科学への興味を喚起する大変に意義深いイベントです。
ガラス産業連合会は東京学芸大学で開催される「青少年のための科学の祭典in小金井」に、ガラスの面白さを実際に体感していただくことを目的として、2016年から4年連続で出展いたしました。2020年、2021年は新型コロナの感染拡大のためイベント開催が中止となりましたが、2022年はオンラインでの参加が実現しました。
また、同年8月20日、21日には、「青少年のための科学の祭典 大阪大会 サイエンス・フェスタ」へ出展しました。会場の様子や18品目の各展示品のダイジェスト・ムービーを作成し、Webページにまとめました。

国際ガラス年2022記念「不思議なガラス大集合!」

また、「ガラスミュージアム」では「青少年のための科学の祭典in小金井」のブース映像をご覧いただけます。

ガラスミュージアム「不思議なガラス大集合!」

最近の記事
おすすめ記事
  1. ガラス環境白書_2022

  2. GIC・(一社)板硝子協会島村琢哉会長Vol.2 「ガラス産業界のCO2排出削減への取組み」「板硝子協会の改組の目的と取組み」

  3. GIC・(一社)板硝子協会島村琢哉会長Vol.1 「会長就任とガラスへの思い」「「GICビジョン」制定の背景と内容」「将来の人材の課題と取り組み」

  1. GIC・(一社)ニューガラスフォーラム島村琢哉会長Vol.1 「新型コロナウィルス感染拡大とガラス業界への影響」

  2. GIC・(一社)日本硝子製品工業会山村幸治会長Vol.1「経歴・経営に関する信条」

  3. 国際ガラス年2022記念「不思議なガラス大集合!」公開のお知らせ

TOP